探究学とは

2022年には、高等学校教育で「探究」に関する授業の導入が決定しており(文部科学省高校学習指導要領告示)、今後はその影響が少なからず小中学校の教育活動へも影響が及ぶことが予想されます。「探究」に関する学習においては、アメリカでは2007年より国家戦略として実施されているSTEM教育が導入されており、課題解決学習型(Project-based Learning)の学習として、未来型の人材育成に大きな効果があると考えられています。  私たちは、課題解決型の学習として、「探究学」(Project-based Research)として位置づけ、先駆的に花王教員フェローシップの経験を「探究」教材として開発を行っています。こうした実践を、本ホームページや出前授業、学会発表を通じて、広く公開できればと考えています。


詳しくはこちらのスライドをご覧ください

作成者:向 雅生

日本生物教育学会第104回全国大会(旭川大会)での発表資料
「PC×Rサイクルを用いた都立中高一貫校における探究活動の指導方法の構築と実践報告」 (向ほか,2020)
<発表ポスター> <要旨>
※こちらの発表資料の引用等については向教諭(mukoh@kantanken.net)までお問い合わせ下さい